080-3210-5819

府中学園通り沿い・バーミヤン上のスタジオです。
無料体験・見学いつでもお越しください


お問合せはこちら

無料体験 随時受付中です♪

モダンダンス

そもそも「動く」ってどういうこと?

こんにちは。井上です。

今回はダンスと動きについて考えてみたいと思います。

歩いたり走ったり、高いところのものを取ったり、拾ったり。

階段を登ったり降りたり、重いものを運んだり…。

私たちは普段多くの身体的動作を行なっています。

しかしダンサーの動きを見てみると、どうでしょう。

普段とは違う角度でバランスを取ったり、

一度にたくさん身体を回転させたり、思い切り高く脚をあげたり、

ジャンプしたり…。

その姿はとても優雅で強靭です。

この一瞬一瞬が生き生きとしていて鮮やかで、これこそがまさに芸術です。

ではこのような動きはどの様にして生み出されるのでしょうか?

動作を理解するためには3つの意識が大切だと言われています。

関節

骨格筋

 

まず「骨」。

身体には206の骨があります。

骨は筋肉を支え、筋肉にとって「てこ」の役割を果たします。

身体では関節が定点で、骨がてこ、作動力は筋肉の収縮となります。

頭で理解していても「骨」を意識するのはなかなか難しいことです。

 

そして次に「関節」。

関節は二つの骨が向き合うところです。

膝も股関節も肩関節も二つの骨が向き合っています。

ですが膝の関節と股関節では形が異なり、動きの幅も違います。

ダンサーはどの関節がどの程度そしてどの様に動くのか

常に自身での研究が必要です。

 

最後に「骨格筋」。

これは一般的に筋肉と言われているものです。

遅筋繊維と速筋繊維と二つのタイプに分かれます。

バレエダンサーは遅筋繊維の割合が高いと言われていますが、

筋肉質だったりがっしりとしていて力強いダンサーは速筋繊維の割合が

高いとされます。ちなみに私は後者のタイプです。

美しい動きを生み出すためには全ての筋肉を協力させ、

コントロールする力が必要となります。

 

 

この3つを鍛えるにはやはりバレエの基本とされるバーレッスンが一番

有効なのではないかと考えます。

「ここはこういう風に動くんだ」と理解出来るのに加え、

「今日はここが動きにくいな」など一つの基準にもなります。

その様にして自分の「身体」を理解していくことが、

モダンバレエやコンテンポラリーなどの

自由な振付になったときにも上手く働きます。

身体が「動く」こと。

そしてこれを「芸」にすること。

この追求に終わりはなく、本当に楽しい世界なのです。

 

無料体験レッスンのお申し込みはこちら

ダンススペースモアユニバースでは、無料体験レッスンを随時受け付けております。

お気軽にお問い合わせください^^

無料体験お問い合わせ

LINE公式はじめました!

レッスンスケジュールやイベント情報を配信しています♪

友だち追加、お待ちしています!

ダンススペースモアユニバースLINE

  • この記事を書いた人
ダンススペースモアユニバース

ダンススペースモアユニバース

府中市・小金井市から通えるモダンバレエ教室「ダンススペースモアユニバース」の井上です。 当スタジオは、自由なテーマや音楽・振付で構成されるモダンバレエを通して身体能力だけではなく創造力や表現力・コミュニケーション能力・自己肯定感を育てることを目指しています。

-モダンダンス

Copyright© 府中市のバレエ教室・モダンダンススペースモアユニバース , 2020 All Rights Reserved.